明渡、家賃滞納、共有など不動産の問題は実績豊富な弁護士事務所にご相談下さい

解決事例

共有持分を親族に内緒で早期に売却して資金を入手できた事例

お悩みの問題:共有不動産
担当弁護士:大澤 一郎

事例

父から相続を受けた千葉県野田市不動産について3姉妹で3分の1ずつ共有持分を持っています。

私は三女ですが、早期に資金が欲しいので共有持分を売却したいと考えています。
しかも、売却活動をしていることが他の親族にばれてしまうと止められてしまいそうな状況ですので親族に内緒で早期に共有持分を売却したいと考えています。

解決までの道筋
知人の紹介で弁護士に相談をしました。

弁護士から、共有持分の売買は単独で可能であることについて改めて説明をしてもらって理解をしました。親族に内緒で早期に売却をしたいという点についても可能かどうか相談をしました。

弁護士の回答は「親族に内緒での売却は可能」という回答でした。
ただし、共有持分を早期に買い取ってくれる専門の業者に依頼をする必要があるとのアドバイスを受けました。信頼できる共有持分を買い取ってくれる業者を知りませんでしたので弁護士に紹介してもらいました。

なお、親族に内緒で早期に売却するという方法の場合、不動産価格が安くなってしまうことについては理解をしていましたのでその点はやむをえないと考えていました。
弁護士から紹介を受けた共有持分を早期に買い取ってくれる業者に相談をしたところ、早期に親族に内緒で共有持分を買い取ってくれました。

解決のポイント

1. 共有持分のみの売却をすることは可能です。

不動産全体を売却する場合には共有者全員の同意が必要ですが、共有名義・共同名義の不動産の売却の場合には他の共有者の同意は不要です。

2. 共有持分のみを早期に売却する場合、通常は共有持分の売却を専門としている不動産業者に依頼をすることになります。

共有持分専門の不動産業者には色々な業者がありますので誠実で信頼できる不動産業者を選びましょう。

3. 共有持分の売却を親族に内緒で行うことも可能です。

もっとも、親族に内緒で売却をするということになると、広告を出す方法による売却活動などはできませんので、信頼できる不動産業者に依頼をして、個別に売却をするということになります。

なお、共有持分の問題を多く取り扱っている弁護士の場合には信頼できる不動産業者を知っていることが多いので、弁護士から信頼できる不動産業者を紹介してもらうのも1つの方法です。

※本事案は当事務所でお取り扱いした事案ですが、関係者のプライバシー保護等に配慮し、事案の趣旨を損なわない範囲で事実関係を一部変更している箇所がございますのでご了承下さい。

関連する解決事例

前の事例へ 早期に共有持分を不動産業者に売却することにより資金を入手...
次の事例へ 第三者の不動産業者から共有持分を買い取った事例
解決事例
一覧へ戻る