明渡、家賃滞納、共有など不動産の問題は実績豊富な弁護士事務所にご相談下さい

不動産売買・賃貸借に関する紛争

不動産売買に関する紛争

不動産売買・賃貸借に関する紛争

土地建物の不動産売買の場合、様々な紛争が発生します。
例えば、不動産の売買に関しては以下のような様々な問題が発生します。

  • 共有問題解決に関する紛争
  • 共有問題解決に関する紛争
  • 不動産の登記に関する紛争
  • 売買契約書の作成
  • 売買契約書の内容に関する紛争
  • 手付金に関する紛争
  • 売買代金に関する紛争
  • 競売に関する紛争
  • 宅地建物取引業法に関する紛争
  • 不動産の任意売却・債務整理
  • その他不動産売買に関する紛争全般

不動産賃貸借に関する紛争

土地建物の不動産賃貸借の場合、様々な紛争が発生します。
特に、不動産賃貸借は継続的な契約であるため、以下のような様々な問題が発生します。

  • 賃料、地代不払いに関する紛争(特に早期の対応が必要です。)
  • 賃料増額請求、賃料減額請求に関する紛争
  • 地代増額請求、地代減額請求に関する紛争
  • 土地明渡に関する紛争
  • 家賃滞納による建物明渡に関する紛争(特に早期の対応が必要です。)
  • 家賃滞納以外による建物明渡に関する紛争
  • 底地・借地問題の解決
  • 保証金・敷金に関する紛争
  • 賃貸借契約書の作成
  • 賃貸借契約書の内容に関する紛争
  • その他不動産賃貸借に関する紛争全般

不動産売買に関する紛争は詳しい弁護士に相談

不動産売買に関する分野は専門性の高い分野です。

また、不動産の売買は一般に取引価格が高額となることが多いです。
そのため、不動産売買に関する紛争は不動産売買に詳しい弁護士にご相談することをお勧めします。

不動産賃貸借に関する紛争は詳しい弁護士に相談

不動産賃貸借に関する分野は専門性の高い分野です。

また、不動産賃貸借は継続的な契約関係が続いていく契約ですので、しっかりと紛争を予防・解決していくことが必要な分野です。
そのため、不動産賃貸借に関する紛争は不動産賃貸借に詳しい弁護士にご相談することをお勧めします。

不動産売買・不動産賃貸借に関する紛争は地元の弁護士に相談

不動産売買・不動産賃貸借に関する紛争では、現地調査や現地での確認が必要不可欠となることがあります。
この場合、現地の情報に精通した地元の弁護士に相談をした方がよりよい解決となることが多いでしょう。