明渡、家賃滞納、共有など不動産の問題は実績豊富な弁護士事務所にご相談下さい

任意売却

任意売却したい

住宅ローンが支払えない、問題を早く解決したい、自宅に住み続けたいというご相談に弁護士がお答えします。

もう住宅ローンの支払いができない、自宅に住み続けたい

住宅ローンの支払いができない場合、解決方法は複数あります。
自宅に住み続けたい場合には、民事再生(小規模個人再生、給与所得者等再生)、任意整理などの方法があります。

また、自宅を手放して問題を解決したい場合には自己破産、任意売却などの方法があります。
債務整理の各方法の詳細については当事務所の債務整理・自己破産の相談に関するサイトをご覧ください。

千葉の債務整理・自己破産のご相談のページはこちらをクリック

早く問題を解決したい

一刻も早く弁護士などの専門家に相談すべきです。
時間がたてばたつほど問題の解決は難しくなっていきます

また、早く相談することで早く解決できますので悩んでいる時間が少なくて済みます。
不動産を売却する、売却しないにかかわらず、問題の解決へ向けて、早めの一歩を踏み出しましょう。

任意売却は最終手段です

不動産を売却することにより問題を解決する方法である任意売却という方法は最後の手段だと考えています。せっかく手に入れたご自宅ですので、何とか維持する方向での方法を考えましょう。
どうしても売却せざるをえないと思われる場合であっても、弁護士へのご相談により売却をしないで解決することができることもあります。最後まであきらめないようにしましょう。

また、任意売却をする場合でも信頼できる不動産業者に依頼して売却をしましょう。

競売と比較した任意売却のメリット

  • 競売と比較して市場価格に近い価格での売却が可能です。住宅ローンの金額によっては任意売却のみで問題が全て解決することもあります。
  • 引っ越し時期・条件などについて競売に比べて融通が利くことが多いです。自分の意思で不動産の売却を決めることができます。
  • 引っ越し代金を買主が準備してくれることがあります。買主にお願いすることになりますが、買主が応じてくれれば引っ越し代金が確保できます。
  • 競売と比較して近所に知られずに売却手続きを進めることができます。競売の場合、競売の情報がインターネット上に公開されますので、近所の人に知られてしまうことがありますが任意売却の場合にはそのようなことがありません。