明渡、家賃滞納、共有など不動産の問題は実績豊富な弁護士事務所にご相談下さい

解決事例

賃料を支払ってもらえない貸家について、賃料請求をした上で、明渡しをしてもらった事例

お悩みの問題:家賃滞納立退・建物明渡
担当弁護士:大澤 一郎

事例

ご依頼者は、東京都内のある土地建物を賃貸に出していました。
当初は賃料が支払われていたものの、その後賃料が支払われなくなり、請求しても支払われませんでした。

そのため、未払い賃料を支払ってもらった上で賃貸借契約を解除したいと思い、管理会社に相談し、当事務所に相談にいらっしゃいました。

解決までの道筋
弁護士が受任し、賃借人に対し未払いの賃料を請求するとともに、土地建物の明け渡し請求をしました。

賃借人は当初、借りていた建物に不具合があり、そのせいで迷惑を被ったから賃料の支払い義務はないなどと主張していましたが、交渉を継続し、賃料の支払い拒否に理由がないことを理解してもらい、最終的に土地建物を明け渡してもらうことができました。

解決のポイント

ご依頼者は、長年の賃料不払いに悩まされていましたが、「どうせ請求しても支払ってくれないだろう」と半ば諦めていたとのことでした。
また、賃借人が出て行ってもくれないため、大切な資産を十分に活用することができていませんでした。

このような場合でも、弁護士に相談すれば、上手く未払い賃料を回収したり、賃借人に出て行ってもらうこともできる場合がありますので、粘り強く取り組むことが必要です。

※本事案は当事務所でお取り扱いした事案ですが、関係者のプライバシー保護等に配慮し、事案の趣旨を損なわない範囲で事実関係を一部変更している箇所がございますのでご了承下さい。

関連する解決事例

前の事例へ お亡くなりになったお父様が所有していた土地の名義が、実は...
次の事例へ 裁判をすることなく建物の明け渡しを実現した事例
解決事例
一覧へ戻る