明渡、家賃滞納、共有など不動産の問題は実績豊富な弁護士事務所にご相談下さい

解決事例

任意売却により自己破産せずに借金の問題が解決した事例

お悩みの問題:任意売却
担当弁護士:大澤 一郎

事例

ご相談者は土地建物を所有していましたが、住宅ローンの毎月の支払が厳しい状況でした。
そのため住宅ローン以外にも銀行、消費者金融、クレジットカード会社などからの借金を重ねて、総額2000万円を超える借金となってしまいました。
毎月の支払が不可能となり、弁護士に相談をしました。

解決までの道筋
状況をお伺いしたところ、住宅ローンの毎月の支払額が多く、毎月の収入では支払いは困難でした。

そのため、自宅の土地建物を任意売却し、住宅ローンの返済に充てました。
その結果、見かけの債務の額は500万円程度にまで減りました。
また、過去に取引をしていた完済業者で非常に利息の高い業者がありました。
過去の取引履歴の資料を弁護士が取り寄せて請求すると、多額の過払い金が発生していることがわかりました。
過払い金を請求し、返金を受けた過払い金で借金の返済をしたところ、借金はゼロにはならなかったものの、毎月の収入で支払可能な金額まで借金は減りました。

残りの借金については任意整理によって分割払いをしていく方法により解決をすることができました。

解決のポイント

1. 住宅ローンの支払いが厳しい場合、自宅を売却することにより劇的に状況を改善できることもあります。

この任意売却を行う方法以外にも、住宅ローンに関する借金問題の場合には色々な解決方法があります。
例えば、不動産を残したまま他の借金について減額を求める民事再生、弁護士が間に入って他の業者と交渉をする任意整理、住宅ローンを借りている金融機関にお願いをして毎月の返済額を変更してもらうリスケジュールなどの方法もあります。
どの方法がよいかの判断は弁護士などの専門家にご相談ください。

2. 任意売却をする場合、任意売却に精通した誠実な不動産業者にお願いをするのがよいでしょう。

不動産業者によっては安易に低額での売却を勧めてくる業者もありますが、誠実な業者であれば時間の範囲内でできるだけ高い金額での売買が可能となります。

3. 不動産が関係する借金の相談の場合、他の借入である消費者金融の過払い金の返還請求などによって問題が解決することもあります。

特に、完済済の業者であっても過払い金の請求は可能ですので、漏らさず請求をするようにしましょう。過払い金の請求は原則として最終取引日から10年ですので、早めの請求を心がけましょう。

※本事案は当事務所でお取り扱いした事案ですが、関係者のプライバシー保護等に配慮し、事案の趣旨を損なわない範囲で事実関係を一部変更している箇所がございますのでご了承下さい。

関連する解決事例

前の事例へ 失踪宣告申立により不動産の名義変更ができた事例
次の事例へ 行方不明者が車を止めていた駐車場の土地明渡ができた事例
解決事例
一覧へ戻る