共有Q&A

 

ここでは、共有不動産に関してよくご相談を頂くQ&Aをご紹介させて頂きます。 こちらに掲載されていないご質問はぜひお気軽に当事務所までご相談ください。

 

他の共有者の持分を買い取る場合の価格はどのように決めればよいですか
担保付の不動産の持分を買い取る場合の価格はどのように決めればよいですか
共有不動産の相手の持分のみが競売になった場合どうすればよいですか
どのような場合に共有不動産が競売になりますか
共有物分割訴訟で競売を命じる判決が出た後はどのように手続きを進めればよいですか?
共有物分割請求とは何ですか
共有物分割請求の裁判をするとどのような結果になりますか
現物分割とは何ですか
金銭代価分割とは何ですか
全面的価格賠償とは何ですか
共有物分割請求は誰を相手に起こせばよいですか
共有物分割請求の裁判所の管轄はどこになりますか
共有物分割請求が権利濫用となり認められない場合はどのような場合ですか
夫婦の共有になっている不動産についての共有物分割請求訴訟は可能ですか
夫婦が離婚した後に共有になっている不動産についての共有物分割訴訟は可能ですか
共有不動産の賃料収入を共有者の一人が独占している場合にはどうすればよいですか
不動産しか遺産がない場合に不動産の売却,代償金の支払を拒絶された場合にはどうすればよいですか
共有不動産の持分を早期に現金化するにはどうすればよいですか
相手の承諾がなくても共有不動産は売却できますか
共有不動産を売却希望ですが他の共有者が同意しない場合にはどうすればよいですか
遺産分割協議(相続登記)が終わっていない段階で共有不動産は売却できますか
共有者に一緒に売却するよう弁護士が交渉してもらうことは可能ですか
夫婦で共有になっている不動産の持分の売却は可能ですか
自分の持分だけを高く売却する方法はありますか
共有不動産の持分を単独で売却できますか
他の共有者の持分を買い取るにはどうすればよいですか

 


土・日・祝日も相談予約できます 無料相談実施中 不動産 60分初回無料相談実施中! 予約受付時間 平日・土日祝日 6:00-22:00 0120-916-746 【予約専用】お電話のみでの弁護士へのご相談は受付しておりません。 弁護士 村松 茉里

こちらをクリック
メールでのご相談はこちら