他の共有者の所有部分を買い取りたい

他の共有者の所有部分を買い取る方法には以下の2つの方法があります。

話し合いにより他の共有者の所有部分を買い取る方法
共有物分割請求をすることにより他の共有者の所有部分を強制的に買い取る方法

話し合いにより他の共有者の所有部分を買い取る方法

他の共有者と話し合いができる場合、売買金額について合意ができれば、他の共有者の所有部分を買い取ることができます。
例えば、共有持分にこだわりがない親族が所有している場合、共有持分を第三者の不動産業者が所有しているような場合には、話し合いにより他の共有者の所有部分を買い取ることができる確率は高いでしょう。

共有物分割請求による強制的な買い取り

他の共有者に対して、共有物分割請求を行うことにより、他の共有者の持分を強制的に買い取ることができます。
このような方法を「全面的価格賠償」方式と呼んでいます。
他の共有者の持分を強制的に買い取ることは無条件でできるわけではなく、一定の条件を満たす必要があります。

(1)共有者の一人に不動産を取得させるのが相当であること
(2)価格が適正に評価され、不動産を取得する人に支払能力があって、実質的公平を害しないことなどの条件を満たすこと

が必要です。

共有物分割訴訟を行い、裁判所の判決が無事確定した場合には、他の共有者の所有部分を強制的に買い取ることができます。
また、裁判までいかなくても、裁判の場合の見通しを他の共有者に説明の上で交渉することにより、話し合いにより他の共有者の所有持分を買い取ることが可能なこともあります。

共有物分割請求と共有物分割訴訟の違い

共有物分割請求は法律により認められている共有者の権利です。
しかし、共有物分割請求を行う権利があるとしても、相手が売却に応じない場合には裁判を起こした上で裁判所で強制的に判断をしてもらう必要があります。

このように、裁判所で強制的に決める手続きが共有物分割訴訟です。

まとめ

・他の共有者との話し合いにより他の共有者の所有持分を買い取ることができます。
・共有物分割請求訴訟を行うことにより、最終的には強制的に他の共有者の所有部分を買い取ることができます。このような方法を「全面的価格賠償」方式と呼んでいます。
・全面的価格賠償方式が認められるかどうかは個別の事案により異なります。


土・日・祝日も相談予約できます 無料相談実施中 不動産 60分初回無料相談実施中! 予約受付時間 平日・土日祝日 6:00-22:00 0120-916-746 【予約専用】お電話のみでの弁護士へのご相談は受付しておりません。 弁護士 村松 茉里

こちらをクリック
メールでのご相談はこちら