共有不動産の問題解決

どのようなことでお悩みですか?

共有不動産を売却したい


共有不動産の自分の持分のみを売却したい
他の共有者の所有部分を買い取りたい
他の共有者の所有部分を買い取った不動産業者と交渉したい
不動産の相続を解決したい
共有物分割訴訟をしたい
不動産を他人に貸しているが家賃が公平に分けられず困っている
不動産の共有者が行方不明で困っている

よつば総合が選ばれる理由

千葉県最大級のご相談・解決実績~累計相談12000件超、解決3800件超
不動産に詳しい弁護士によるご相談・解決~宅地建物取引士資格保有の弁護士在籍
税理士・不動産鑑定士と連携~問題解決に必要な法律以外の専門家と広く連携
誠実な不動産業者と連携~皆様の意向に沿った売買・賃貸仲介をしますので安心です
相談は何度でも0円~納得できる解決方法を粘り強くご提案します
裁判・訴訟で闘います~交渉が決裂してもご希望に応じて裁判まで行います

共有不動産の問題を解決しましょう

共有不動産の問題は非常に複雑です。
不動産が共有になっているという場合、ご家族や親戚との共有になっていて、しかも、ご家族での話し合いが何らかの理由でしにくくなっていることが多いのではないかと思います。

このように、共有者の間での話し合いがしにくい場合、一番よい方法は第三者が入って売買やその他の手続きを進める方法です。
そして、第三者として一番適切なのは弁護士です。弁護士が法律の知識と経験を元にして他の共有者に説明をすることにより、相手が納得するということはよくあります。

また、弁護士の場合、最終的には共有物分割訴訟(裁判)を起こすことができますので、話し合いが決裂した場合でも最終的な解決が可能です。

当事務所では共有不動産に関して、以下のような相談を過去において行っています。そして、共有不動産の売買の方法、共有不動産の問題の解決方法を熟知しています。

共有不動産を売却したい
共有不動産の自分の持分のみを売却したい
他の共有者の所有部分を買い取りたい
他の共有者の所有部分を買い取った不動産業者と交渉したい
不動産の相続を解決したい
共有物分割訴訟をしたい
不動産を他人に貸しているが家賃が公平に分けられず困っている
不動産の共有者が行方不明で困っている

また、共有不動産の問題はお急ぎの問題であることもありますし、お急ぎの問題ではないときもあります。お急ぎの問題であるときはすぐに弁護士にお問い合わせ、ご相談ください。
他方、「いつか解決すればよい」「そのうち解決するだろう」とお考えの方もいるかもしれません。

しかし、共有不動産の問題を放置しておくのは非常に危険です。共有不動産の問題を放置していると最終的には共有不動産を失ってしまうこともあります。

また、不動産は持っていれば何らかの価値があることが通常ですが、共有不動産に関しては共有持分を持っているために毎年お金を支払わなくてはいけないこともあります。

共有不動産の問題を放置してはいけない理由

皆様が共有不動産の問題を売買やその他の方法で解決し、金銭的な面でも、またお気持ちの面でもすっきりするように、弁護士である私たちにいますぐお問い合わせ、ご相談をしていただきたいと思います。

共有不動産の問題の解決事例
弁護士費用
弁護士紹介

土・日・祝日も相談予約できます 無料相談実施中 不動産 60分初回無料相談実施中! 予約受付時間 平日・土日祝日 6:00-22:00 0120-916-746 【予約専用】お電話のみでの弁護士へのご相談は受付しておりません。 弁護士 村松 茉里

こちらをクリック
メールでのご相談はこちら