家賃滞納・建物明渡

どのようなことでお悩みですか?

滞納家賃を支払わせたい
建物から退去させたい

よつば総合が選ばれる理由

千葉県最大級のご相談・解決実績~累計相談12000件超、解決3800件超
不動産に詳しい弁護士によるご相談・解決~宅地建物取引士資格保有の弁護士在籍
税理士・不動産鑑定士と連携~問題解決に必要な法律以外の専門家と広く連携
誠実な不動産業者と連携~皆様の意向に沿った売買・賃貸仲介をしますので安心です
相談は何度でも0円~納得できる解決方法を粘り強くご提案します
裁判・訴訟で闘います~交渉が決裂してもご希望に応じて裁判まで行います

解決までの流れ

1 お問い合わせ

まずは、お電話でご相談内容をお聞かせください。
弁護士がスケジュール調整を行わせて頂き、ご来所頂く日時をご相談させて頂きます。

2 ご来所

ご来所いただき、無料相談にて詳しい事実関係をお聞かせください。

家賃滞納の解決や建物明渡のために弁護士が最適な方法をご提案します。

3 ご依頼と裁判準備

お客様と弁護士との打合せの結果を踏まえて、弁護士名での通知の発送が必要であると判断した場合には弁護士名での通知書(滞納家賃の督促)を発送します。

また、今後、裁判なしでは借主が明渡しを行う可能性が低いと判断した場合、滞納家賃の請求、建物明渡しの裁判手続きに入ります。滞納家賃の状況がわかる資料、賃貸借契約書、物件見取図、裁判用の委任状が必要となります。

4 裁判提起

家賃滞納・明渡しの裁判を起こします。

裁判に関して、裁判提起~判決、そして強制執行~明け渡し完了までの手続きは、弁護士がお客様の代理人として行ないます。
強制執行まで行う場合、提訴から明け渡し完了までの期間は最短で4ヶ月程度です。
原則としてお客様が裁判所にお越しいただく必要はございません。

5 明渡完了

無事明け渡しが終了したことについてお客様ご自身でお部屋を確認していただきます。

また、裁判のためにお預かりしていた賃貸借契約書等の資料をご返却いたします。

家賃滞納・建物明渡の問題を解決しましょう!

家賃滞納の問題を抱えるオーナー様のご希望は「滞納家賃を支払わせたい」「建物から退去させたい」という2つです。
弁護士名での通知書発送のみで問題が早期に解決するときもありますし、また、裁判による強制執行により問題が解決することもあります。

いずれにしても、早めの弁護士への相談がさらなるの滞納家賃の発生を防ぐためには非常に重要です。

■家賃滞納・建物明渡の解決事例
■弁護士費用
■弁護士紹介

土・日・祝日も相談予約できます 無料相談実施中 不動産 60分初回無料相談実施中! 予約受付時間 平日・土日祝日 6:00-22:00 0120-916-746 【予約専用】お電話のみでの弁護士へのご相談は受付しておりません。 弁護士 村松 茉里

こちらをクリック
メールでのご相談はこちら