解決事例

【解決事例】賃料を支払ってもらえない貸家について、賃料請求をした上で、明渡しをしてもらった事例

事例 ご依頼者は、東京都内のある土地建物を賃貸に出していました。 当初は賃料が支払われていたものの、その後賃料が支払われなくなり、請求しても支払われませんでした。 そのため、未払い賃料を支払ってもらった上で賃貸借契約を解除したいと思い、管理会社に相談し、当事務所に相談にいらっしゃいました。 解決までの道筋 弁護士が受任し、賃借人に対し未払いの賃料を請求するとともに、土地建物の明け渡
続きを読む >>

【解決事例】お亡くなりになったお父様が所有していた土地の名義が、実は国名義になっていたが、ご依頼者名義になった事例

事例 ご依頼者のお父様がお亡くなりになったのをきっかけに、お父様が所有されていた土地の登記名義をご依頼者の名義に変えようと思い司法書士に依頼したところ、実は当該土地の登記名義がお父様の名義ではなく、長年、国名義になっており、司法書士でも相続登記ができないと断られ、当事務所にご相談にいらっしゃいました。 解決までの道筋 ご相談後直ちに受任し、法務局にも事情を確認した上で、国に対し
続きを読む >>

【解決事例】不動産会社が顧問契約を締結して業務をスムーズに進められている事例

事例     不動産の売買、仲介、管理をしている会社様です。 各種契約書の確認・チェックや不動産にからむトラブル解決のため、前々から顧問弁護士を探していました。 解決までの道筋 同じ柏市と地元であることもあり、当事務所と顧問契約を締結ししました。 契約書の確認・チェックはもちろんのこと、争いの少ない事件については顧問料の範囲内で弁護士名での内容証明郵便の発
続きを読む >>

【解決事例】土地の境界をめぐる争いについて裁判所の判決で解決した事例

事例 ご相談者は隣地の土地所有者と土地の境界について揉めていました。 土地の境界を示す明確な境界標が存在しなかったからです。 土地は住宅ではなく山林であったため、明確な境界標がそもそもなかったと思われる場所でした。 そのため、ご相談者は裁判により境界を白黒はっきりするために弁護士に相談しました。 裁判を起こした方がよいかどうかについては微妙な所もありましたが、ご相談者のご意向として
続きを読む >>

【解決事例】土地埋設物を理由とする損害賠償請求で裁判所で和解した事例

事例 ご相談者は先祖代々の土地を売却しました。売却時には何も問題はなく売買の手続きは終了しました。 売買後しばらくしてから、買主より「地中から大量のごみが出てきた」との苦情がありました。 具体的には、木材やその他大量のごみが地下から出てきました。 ご相談者である売主には全く心当たりがないことでしたが、買主はごみの撤去費用や地盤を改良する費用などとして高額の損害賠償請求をしてきました。
続きを読む >>

【解決事例】行方不明者が車を止めていた駐車場の土地明渡ができた事例

事例 貸主は駐車場を所有しており、借主に駐車場を貸していました。 しかし、借主が長期間行方不明となり、全く連絡がとれなくなってしまいました。賃料も滞納が続いている状況でした。にもかかわらず、土地上には車が置いたままという状況でした。 不動産管理会社にも依頼をしましたが、借主が行方不明のため対応が困難という状況でした。 解決までの道筋 借主が行方不明のため、借主に無断で車を撤去してし
続きを読む >>

【解決事例】任意売却により自己破産せずに借金の問題が解決した事例

事例 ご相談者は土地建物を所有していましたが、住宅ローンの毎月の支払が厳しい状況でした。 そのため住宅ローン以外にも銀行、消費者金融、クレジットカード会社などからの借金を重ねて、総額2000万円を超える借金となってしまいました。 毎月の支払が不可能となり、弁護士に相談をしました。 解決までの道筋 状況をお伺いしたところ、住宅ローンの毎月の支払額が多く、毎月の収入では支払いは困難で
続きを読む >>

【解決事例】失踪宣告申立により不動産の名義変更ができた事例

事例 父親から千葉市稲毛区の不動産を兄弟4人で相続しました。 兄弟のうち1人は10年以上も行方不明であり、生死もわからない状況でした。 戸籍上、行方不明の兄弟には妻や子供はいませんでした。 そのため、他の兄弟3人は、兄弟1人の共有持分について他の兄弟の共有持分にしたいと考えて弁護士に相談しました。 解決までの道筋 10年以上行方不明の兄弟で生死がわからないということから失踪宣告
続きを読む >>

【解決事例】不在者財産管理人選任申立により不動産の名義変更ができた事例

事例 父親から相続により千葉市花見川区の不動産を取得しました。 家族関係が複雑で相続人があと2人いて、他の2名とは一度も会ったことのない父親の先妻の子供たちでした。戸籍を調査した結果、何とか先妻の子供の1人は見つけることができました。     しかし、もう1人の先妻の子供は行方不明です。 司法書士に不動産の相続による名義変更の相談をしていましたが、司法書士から弁
続きを読む >>

【解決事例】不動産の共有者が50人以上となってしまった事例

事例 千葉市緑区の不動産について親の代、祖父母の代で相続手続きを全く行っていない不動産を相続しました。 そのため、法定相続人を調査したところ、50人以上の法定相続人がいることが判明しました。 しかも、不動産が利用しにくい不動産で、売買価格が500万円前後という不動産でした。 ご本人の法定相続分は64分の1という状況で、どうすることもできず弁護士に相談しました。 解決までの道筋 売買
続きを読む >>

<< 前の記事を見る

土・日・祝日も相談予約できます 無料相談実施中 不動産 60分初回無料相談実施中! 予約受付時間 平日・土日祝日 6:00-22:00 0120-916-746 【予約専用】お電話のみでの弁護士へのご相談は受付しておりません。 弁護士 村松 茉里

こちらをクリック
メールでのご相談はこちら